忍者ブログ

[PR]

2018.07.23 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今こそ好機!

2009.06.11 - 日常
えー、タイトルは記事とは全く関係ないですが。


本日、試験が終わりました。イヤッホーィ!!

自己採点の結果は残念な結果だったわけですが、ここで色々書いても話題としてはつまらんので、とりあえずはゆっくり休んで10月に備える事とします。




今日の晩御飯は同じ職場の方2人と最近出来たつけ麺専門店「ムッチー」へ

この面子とは1年ほど前にトマトラーメン「八角」へ行ったきりだけど、やはりいつもと違う面子だと話題もいつもと変わって面白いです。

メニューはつけ麺と醤油ラーメン、それらのトッピング、餃子、ドリンク類のみ。


とりあえずビールとつけ麺と餃子を頼むも、餃子が切れていて、チャーシューとメンマの盛り合わせが代わりに出てきました。

どっこい、つけ麺もトッピングに「チャーシュー増し、メンマ増し、のり増し、煮玉子」全部あわせたスペシャルトッピングにしてあり、このあたりで若干不安を覚える。



+50円でつけ麺が大盛りだったので、大盛りにしたのですが。
これがなかなか凄い量、おそらく普通盛りの2倍くらいあるかと思われます。

ビールで張ったお腹に、余りにも多い麺、さらにメンマとチャーシューの波状攻撃。

完食はできたものの、一瞬残すことも頭をよぎっていました。
しかし、外食で残すっていうのは出来る限り避けたいことなので完食できてよかったです。
それでも最後まで美味しく食べれたので、また次回も行きたいなあ。




ところでふと思ったんですが、「完食」という言葉は最近出来た言葉のようですね。
別に語源がうんたらとか、日本語としてどうたらいうつもりはありませんが、「完食」という言葉が最近出来たことについて興味を覚えます。
昔は「完食」して当然だった?いやいや、昨今の環境問題に敏感になってきて作られた言葉?
自分もいつ頃から使い出したか覚えてないなあ。


外食で残すってのは抵抗を感じる(不味くて食べられないのは例外)けど、確かに胃袋も無理が効かなくなってきてもいるなあと感じる今日この頃。
いや、無理を効かせないといけない様な注文をしちゃうのが、まだまだ未熟なわけなんですが。
とはいえ、予想外の量というのは、初めての店だとよくあることです。
そんな時は、少なめに注文しておくのがベター、と言いたいところですが。
セットメニュー、これですよ。
お値打ちなんですよね、やっぱり。で、大体失敗するのもセットで頼んだとき。

高校時代にうどん屋でバイトしていたのはご存知の通りで、今は無き「今吉」は量が多かったことで有名なのもご存知の通り。
洗い場やってても、全く手がつけられてないミニうどん(どこがミニだよって量の)や、半分も減っていない煮込みうどんなんかよく流れてきましたよ。

昔はそんな、残飯に憤りを感じましたが、今だったら少しは同情できるのかな。

もちろん、初めてか、せめて2回目くらいまでにしてほしいですが。


PR

Comment

無題 - uyui

2009.06.11 Thu 23:50  [ EDIT ]

お疲れです、また暇な時とか遊ぼうじゃないか!
そしてムッチーに一瞬ピクッとなったのは俺だけでいい。

完食 - がぶのみむし

2009.06.11 Thu 23:52  [ EDIT ]

はじめまして、がぶのみむしと申します。
さて、完食についてですが、
がぶのみむし的には、『大食い』『早食い』という行為が脚光を浴びた頃から使用されるようになったのでは?
と、思っています。
のり…。大量な上に、つけダレにも最初からのりがあるんですね…。
なんにせよ…美味しいなら良いですよね!!

無題 - 二重堀

2009.06.12 Fri 00:19  [ EDIT ]

>>uyui様
ピクッときちゃったの?
なんかでちゃったの?
いけないねー
いけない子だねー

>>がぶのみむし様
一時期は毎週の様に大食い番組がありましたね、そういえば「完食!!」っていってるのよく聞いた覚えが有ります。
のりはつけダレとよく合って美味しかったですよ。
機会がありましたら、行ってみてください。
名古屋市中区の「ムッチー」です。

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ ブログ内検索
▼ アクセス解析
▼ P R